元酒豪アラサー妊活子の不妊治療と基礎体温と情報収集のブログ

〜不妊症検査で問題あり!現在タイミング法で不妊治療、妊活中の元酒豪29歳妊活子です!ポジティブモンスターですが、ちょこちょこ豆腐メンタルに〜

男性不妊の原因と不妊治療へ兆し!iPSで健康な赤ちゃん出産成功

こんにちは♪ 妊活子です♪
今日も妊活に勤しんでおります♪


8月18日(金)の基礎体温は36.7℃でした。高温期11日目です。そして今日は「iPSで不妊マウスに子 京大など成功、染色体正常に」というニュースが目に止まりました。

そもそもIPS細胞とは?

www.cira.kyoto-u.ac.jp

男性不妊の原因

f:id:reina0000:20170818223805j:plain

性別を決定する役割を担う性染色体は通常、両親から1本ずつを引き継ぐ。ただし、受精卵ができる段階で3本になることがあり、その状態で生まれると不妊などの症状が出ることがある。

男性不妊の症状を再現したマウスで実験

f:id:reina0000:20170818223813p:plain

グループは、性染色体が3本あるために無精子症などが起こる男性の病気「クラインフェルター症候群」をマウスで再現

IPS細胞で人工授精により赤ちゃんを授かることに成功し、健康な赤ちゃんを出産するまで(もちろん雌)に至ったという。

f:id:reina0000:20170818223832p:plain

性染色体が3本のiPS細胞から精子は作れないが、2本の場合は可能で、人工授精によって健康な子どもが生まれた。

教授は以下のようにコメントした

headlines.yahoo.co.jp

斎藤教授は「iPS化によってなぜ性染色体が3本から2本になるかは不明だが、染色体や遺伝子の変異を原因とした不妊の研究基盤となる」と話している。

意見は賛否両論






私個人としては、生まれ持った男性不妊が治るというのは、男性にとっても女性にとっても非常に良い兆しだなと非常に感じます。もっと不妊治療が高度になり、妊娠したい夫婦が妊娠できるようになればいいなと思いました☆

おすすめの関連記事はこちら

lets-beautiful.hatenablog.com