元酒豪アラサー妊活子の不妊治療と基礎体温と情報収集のブログ

〜不妊治療で双子を妊娠した30歳妊活子です!不妊期間は愚痴と僻みばかりです!〜

不妊なんて世の中にない!特別養子縁組で待望の赤ちゃんに出会う

こんにちは♪妊活子です♪
今日も妊活に勤しんでおります♪

初めましての方は自己紹介させて下さい! lets-beautiful.hatenablog.com さて今日は、特別養子縁組で赤ちゃんを授かった夫婦のお話です。松木さん旦那様(46歳)と奥様(42歳)は7年間の不妊治療に苦しみました。その後、特別養子縁組をした家族の動画や体験談などを通じ、子供を産まなくても、どの家庭も温かく、愛情に溢れていることを知りました。

その結果、養子縁組を斡旋するNPO法人「Babyぽけっと」に申し込み、1年を経過した頃、生後5日目の絢くんに出会い、その頃から成長記録として毎日写真を撮り、1000枚の写真という宝に囲まれる事となりました。 f:id:reina0000:20180402210135j:plain

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000003-asahi-soci

とっても素敵な写真ですね。養子縁組を経て我が子に出会い、旦那様はこのように述べています。

「家族が増えて、人生こんなに素晴らしいことがあるのか、って。血はつながってない。でもただそれだけのこと」

そして奥様も同様に喜びを述べています。

「あの頃は妊娠がゴールで、叶(かな)わないことがつらかった。でも本当は、生まれてからがスタートなんですよね」

最後に夫婦はこのようにのべました。

2人は将来、絢くんに話すつもりだ。おなかを痛めて産んでくれた女性がいて、そして事情があって手放す決心をしてくれたから、自分たちは家族になれた、と。「何があっても絢の未来を守っていく。できることは何でもするつもりです」

とっても素敵な写真とお話です。特別養子縁組の制度は1988年に制定され、現在でも利用する人は少なく、2016年度で495件しか成立していません。不妊なんて世の中にないんですよね。こうして赤ちゃんを授かれているわけですから。

私も35歳になっても授からなければ、主人と話し合おうと思っています。その時にどんな気持ちになっているかもわからないけど、我が子を胸に抱いてみたいという思いは絶対に残ってると思うので、

そして4月2日(日)の基礎体温は36.9℃で高温期13日目です。てか、頭痛いし今現在は37.1℃という・・・。微妙な風邪だから基礎体温も高いのね。春よ、来い!